スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

大腸癌(盲腸癌)腹腔鏡下回盲部切除手術

昨日はみんな寝れなかった。


今日は午前中から待ちに待った手術当日。


本人はいたって絶好調でまな板の鯉と繰り返し言っていた。


手術前の処置が全て終わり担当看護師さんの説明後、


手術室まで歩いて移動した。


家族に見守られながらエレベーターに一緒に乗りお見送りを一緒にした。


後は、先生に任すだけだ。


パパは私達に


「大丈夫やから…

頑張ってきます…」



と張り切って手術室に入って行った。



予定では2時間くらいの手術と聞いていたが3時間以上はかかった。



家族控え室で無言で待った。



名前を呼ばれ家族だけに先生からのお話があると個室に呼ばれた。


切除した部分を見せて頂きながら説明を聞いた。


例えると鶏肉胸肉一枚分の塊がパレットに乗せられていた。


腫瘍だ。


素人が見ても汚い色で体を蝕んでいた原因がわかったくらいだった。



説明によると癌は腫瘍とリンパ節に一つ。


だが全て切除出来たので成功ですと
嬉しいお言葉。


ひとまず安心した。


集中治療室にいるパパのもとへ行くと麻酔がまだ効いている為ぼんやり。


しかし見た目は変わり果てていた。


行ってきます!と元気に言っていた数時間前とは激変していた。


猛烈な吐き気と頭痛と傷の痛みに必死でもがいていた。


私達にはどうする事も出来なくて悲しくなった。



吐き気止め、痛み止めで耐えて貰う事しかできない。



見るだけでも辛かったので今日はもう早い目に帰宅する事にした。



パパ良く頑張ったね。



お疲れ様。


後は日にち薬で傷が癒えるまで待つのみだよ。



ひとまず神様ありがとう…




ラヴィHAL







腹腔鏡下大腸癌手術―発生からみた筋膜解剖に基づく手術手技

新品価格
¥12,960から
(2015/6/8 17:54時点)






スポンサーサイト
  1. パパの癌日記
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

大腸癌手術前日の家族の絆

絶食に近い食事で痩せてきたパパ。


とうとう明日手術の日だ。


家族全員で一階のロビーに行き喋っていた。



本人はもう、まな板の鯉状態の気持ちで早く手術して悪い所を全部取って欲しいと言っている。


それくらいプラス思考の考え方をしてくれた方が周りの家族からすると有難かった。


もし、パパが弱音を吐いたらどう接してどんな言葉をかけるべきかパパ以外私達は事前に話し合っていた。



パパらしい言葉…


とにかく今日は寝れないかも知れないけどゆっくり休んでねと声をかけてきた。



どんな事があっても家族の為に完治させるとパパはニコニコしながいつものテンションで語っていた。



大丈夫だよ…


絶対…









ラヴィHAL




行列のできる患者に優しい“無痛”大腸内視鏡挿入法

新品価格
¥9,072から
(2015/6/8 00:27時点)




  1. パパの癌日記
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

大腸カメラと絶食の日々

今日もお昼頃からママと病院にきている。


今日は大腸カメラの日。


今までも数回腸のカメラは経験しているので本人は


「すぐ終わるやろ~」


とアッケラカンとしていたので私の気分的には安心した。



腸の内視鏡の検査前は絶食で下剤を飲んで腸の中をスッカラカンにしてから検査開始の為、


検査前の方が見ていて辛そうだった。



数時間は検査から帰って来なかったが検査が終わり病室に帰ってきたパパは思ったより元気そうだった。



「言うてる間に終わったわ~~」



…と


嬉しそうに語っていた。



手術まで後2日。


明日からは絶食に近い食事の始まりだ。



ゼリーの様な栄養価の高い食べ物や、


ヤクルト。


私達にはおやつにしか見えない食事だ。


入院して約一週間(手術日まで)はほぼ絶食に近い食事だ。


なので元々食べる事が大好きなパパは空腹に耐えるのが辛いと毎日言っていた。


そのせいか、見る見るうちに痩せていきあっという間に病人さんに見えてきてしまった。



本人は手術が待ちどうしいと思う様になってきたと言う。








ラヴィHAL






行列のできる患者に優しい“無痛”大腸内視鏡挿入法

新品価格
¥9,072から
(2015/6/8 00:27時点)








  1. パパの癌日記
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

妹と姪っ子はガストで待機

姪は1歳。


毎日病院へ家族全員で付き添ってる為、小さい姪は病室へ入れない。


だから、私と妹と交代で姪をみていた。



病院周辺にはガストしかない。



ガストで昼ご飯を交代で食べるのが日課になった。



ママはパパが病室で昼寝中でも常に側にいた。
















ラヴィHAL








  1. パパの癌日記
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

重度の肺気腫と大腸ガン(盲腸癌)

今日もパパのお昼ご飯に合わせて病院へ行った。


相変わらずパパは元気でいつもと変わらない。


手には点滴の針が痛々しく刺さっているくらいだ。


パパは癌以外に重度の肺気腫と診断された。


パパは現在62歳。


肺の年齢は80代と診断された。


20歳からタバコを吸っていて約30年間喫煙者だった。


しかし、タバコをやめてから10年以上経っているが身体は正直だ。


今回、主治医の先生が一番気にして下さっている事が

もしも肺に転移したら肺気腫のせいで手術が困難とゆう事。


何が何でもガン細胞を全て取り除き完治して欲しい。


転移も絶対して欲しくないと言う思いだけだった…。



先生のお話で4月30日に手術が決定した。










  1. パパの癌日記
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

パパが癌になった家族の決断

昨日パパが緊急入院してから一夜明け憂鬱な目覚めになった。


ママはパパといつも一緒に寝ていた寝室のお布団で一人泣いていた。


朝方まで寝れなかったみたい。


私も、彼の側でワンワン子供の様に鼻水を垂らしながら泣いた。


昨日まで元気だったパパが癌?

もしや、死ぬの?


と言うとてつもない恐怖感と不安感が襲った…




未だに信じられない…



入院した病院は隣の市にあり道が混んでると車で約1時間はかかる。



今日から毎日病院に付き添いで行く。


一夜明けたパパは相変わらず元気だった。


癌宣告され昨日は一人で色々考えたよ


と言っていた。


点滴の針は刺さっているが普通に喋れるし歩ける。


下のロビーに行き、家族会議。


昨日はこんな気持ちだったよ、これからどうしていこう、


など、私達家族らしい会話をした。



妹の子供は1歳になったばかり。


パパからしたら初孫で毎日可愛がっていた矢先の入院。


頭をなぜたり、孫の為に死んでられんと連呼していた。


本当に治って欲しいと心から思った。












ラヴィHAL








大腸ガンと脳梗塞を抱えて 闘いの記録

価格:1,728円
(2015/6/4 12:37時点)
感想(0件)















  1. パパの癌日記
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

パパが大腸ガン ステージ3Aと診断された

悪夢は急に訪れた。


会社の健康診断を3ヶ月前に受け異常なし。



数週間前からパパは仕事から帰って来ては

腰が痛い…

背中の辺りかな?


と毎日の様に言っていた。

普段から慢性の肩凝り腰痛持ちだった為

あまり重い物は持ったら駄目だよと家族で言っていた。


すると、その数日後から頻繁におしっこの回数が増えた。




ママはいち早くパパの変化に気付き病院へ行く事を進めた。


パパの仕事は日曜日が休み。

仕事に真面目で病院に行く為に平日休みを取るわけがない。


しかしそんな事も無視しママが強制的に休みを取り病院へ連れていった。


はじめに行った病院は町医者だが近所でもかなり評判の入院施設もある胃腸科だった。


何回もお世話になってる先生。


この病院で胃カメラや大腸カメラも以前していた。


勿論、その時は異常なし。


しかし、症状を伝えCTなどの検査を終えた時点で先生が


今すぐ大きな病院を紹介します。


今すぐ手術です。


運転が無理なら救急車で移動します。


ママが付き添いで行っていたので半泣き状態で私に電話が掛かってきた。



私、妹も気が動転してしまった。


私も急いで病院へ向かった。



総合病院へ移動し、緊急入院。


主治医からの説明で家族も一緒に聞いて下さいとの事で同席した。



大腸ガン(盲腸癌)

ステージ3A


です。


家族全員固まった…

ふとパパの顔見ると冷静に先生の話を聞いていて少し安心した。

ショックだろうけど気を取り乱す感じはなかった。

私の方がその場で涙をこらえるのに必死だった。


主治医の先生は40代前半の男性。

勿論、執刀医だ。



この先生は癌専門で人気な先生らしく、手術が毎日詰まっていて

運悪くゴールデンウイークを挟むと言うタイミング悪い入院となる。


手術はゴールデンウイーク明けとなった。


それまでは裂けない様にと言われ

裂けると緊急手術になりますとの事だった。


診察後、入院手続きをし病室に行きパパママ私で

病室で手を握り合った。




私の大事な父親。

私の大事な母親が愛する夫。


ママは相当辛かったはず。


でも病室では癌と宣告された事は受け止め、まずは目先の手術を頑張ろうね!


と話し合った。


パパも突然の宣告に悔しかったはず!


今日は面会時間がギリギリまで一緒にいて話をしていた。


そしてママとパパのいない家に帰りました。


帰宅すると妹と妹の旦那様と1歳の姪が待っていた。


今日の流れはこんな感じになりましたが癌を宣告された本人、家族の為に何か役立つ情報があれば私なりに書いていきます。


参考になれば幸いです。


皆様一緒に癌と闘いましょう。


私は娘の立場で癌である父親に向き合って行きます。


しかし、まずは自分自身の身体の異変に気付き、早期発見は大事です。


簡単な検査で発見出来る事もあると思います。



ラヴィHAL






郵送健診キット 大腸がん健診セット 大腸ガン 検査病院に行く時間の無い方 郵送検査キット日本医学の自宅検査は医療機関と提携の正確な診断 病気検査キット  大腸癌健診セット 便潜血検査 郵送検診[2個購入で送料が無料] 20P30May15

価格:3,024円
(2015/6/3 01:16時点)
感想(57件)


















  1. パパの癌日記
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

ペコちゃんグッズ

小さい頃からペコちゃん大好き



買いました。








ラヴィHAL




  1. 購入品 ファンシー キャラ
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

カラオケ

カラオケ行きまくり。


オールナイト。








ラヴィHAL





  1. カラオケ
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

カラオケ

仕事帰りにカラオケきたよー。


週何回いっとるかいな?笑









ラヴィHAL






  1. カラオケ
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

びくドン

仕事帰りにびっくりドンキー










ラヴィHAL





  1. グルメ
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

カラオケ

ご飯食べてまたまたカラオケ行ったよー!












ラヴィHAL





  1. カラオケ
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

パスタ

仕事帰りにパスタ~









ラヴィHAL



  1. グルメ
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

HARRL

Author:HARRL
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

« 2014 04  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。